<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

出会い系9

 月詩が姿を消しても、ラジウムは追わなかった。
「せっかく治療したのに」
 そう云ったのはセリオだ。部屋を追い出された挙句、布団まで台無しにされ、大損だ。
「どの道、見過ごせないんでしょ」
 散らばった綿を集めて袋に詰めながら、ラジウムは笑っている。
 扉の脇にもたれたセリオも、肩を揺らして笑った。
 あらかた床を綺麗にしてしまって、ラジウムは大きく伸びをした。自分でやったこととはいえ、屈みっぱなしは些かつらい。
 子供がするように寝台に倒れこむ後ろで、
「それで、行き先の見当はついているのかい」
「なんのこと?」
「嘘つきはよくないな、マスター?」
 セリオが脇に腰かけると、駄々をこねる猫のように僧衣にじゃれつく。
「苦手なの、ああいうの」
「どの道、見過ごせないんだろう?」
 同じ言葉を返されて、ラジウムは案外あっさりと折れた。寝返りをうって、木目の浮いた天井を見上げた。
「苦手なの、ああいうの」
 包帯を巻いた腕を掲げる。細めた目に浮かんだ感情を、セリオは見ないふりをした。
 行き先はわかっている。あの怪我では沙漠など越えられまい。ぶちぶちとラジウムが小言をこぼした、矢先、
「お客だよ」
 窓を振り返ったセリオが云った。つられて顔を向けたラジウムが、ええと不満そうな声をあげる。
 窓枠に鎮座しているのは、昼の街並みに些か不似合いな黒い翼。ラジウムの反応を軽く無視したセリオが窓を開けてやると、それが当たり前と云うように鴉は室内に滑り込んだ。
「なんで開けちゃうのさ」
「なぜって、おまえのお客だろう?」
「だから取り合いたくないのに」
 寝台の淵にとまった鴉を片手で追い払うようにする。
 鴉は利口なのだと、誰かが云ったのを思い出したのはその後、何気ない装いで鴉が広げた翼に、ラジウムの指が触れた。
 ラジウムの口から嘆く声があがるより早く、変化は訪れた。鴉の輪郭が歪み、羽がほどけて一本の糸から一枚の紙へ。
 見ていたセリオが感心したように云った。
「いつ見ても呪術というのは面白いものだね」
 反面ラジウムは寝台に突っ伏している。このクソ鳥め、学習機能なんてこれぽちも無い癖に、飛ばした奴の性格でも反映してるんじゃなかろうか。
 ともかくやってしまったものは仕様がない。羽を一枚残して消えた式神の札を取り上げる。わざわざ手間をかけてまで時間を惜しむ理由。つい先日ニ往復したばかりだというのに、早々に出頭命令か。確かに厄介ごとは拾ったが、依頼自体は問題なくこなしたのだ。いい加減休ませろと本気で思う。
 盗賊符丁で書かれた文字列の流れ。できることなら脳裏から締め出してしまいたいくらいの気分。細く眇めた赤い目が、上からぞんざいにそれを辿っていって、
「ちょっと、出かけてくるよ」
 そう云ったラジウムの顔は、セリオが想像していたよりも随分と明るいそれだった。
「いいことでもあったかい」
 幾許かの軽い皮肉。それには応えず、ラジウムは跳ねるようにして寝台を下りた。古い木が苦しそうに軋む。
 札をポケットに、羽を片手でくるりくるりと弄び、おどけた足取りで扉へ。
「ね、セリ?」
 問う声にセリオは首を傾げた。この人懐こい主人が顔を見ないとき。大概相場は決まっている。
「何だい」
「もし、おれが殺されたら。赦せる?」
 これだ。意地の悪い主人を持ったものだとよく思う。
 ラジウムの細い背中を見ながら、僧侶は笑った。
「赦せるわけは、ないだろう?」
 予想外の答えだったのだろう。尖った肩が少し揺れる。わらっている。
「うそつき」
 それだけを残して扉は閉まった。まだ、昼前の暖かさを持った風が部屋に吹き込んで、セリオの銀髪をなぶった。
「ばかな子だな」
 呟いた。きっとあれは、相手を赦せるかと訊いたのだろうけど。答えなんて知っている癖に。意地悪には仕返しをするものだ。
「赦せるわけが、ないだろう?」
 あれを本当の意味で殺すのは、きっと自分たちだから。
 大事にするだけしておいて、大事にされるのには慣れていないなんて。
 不憫な猫たちだと、セリオは思う。そしてそれを育てた場所も。
 所詮、誰もが残された者の気持ちなど知らないのだと、僧侶は小さく十字を切った。



【やさしくしないで】05.0622.23:46
一人で死ぬなら赦すだろう。でも、猫を殺すのは、多分仲間という存在。
だから僧侶は赦せない。ずっと一緒に居たいから。
命の比重は皆一緒であると、思うから。
アサシンという職業を、不憫だと思う理由。
[PR]
by shelldoney | 2005-06-22 23:53 | 小説「出会い系」:完結済

ヘミソフィア

 木星人は、何ごとに対してもコツコツと着実に成し遂げていく努力家です。几帳面で忍耐強く、一度目標を決めるとそれに向かって邁進し、どんな困難な事態におちいっても、目的を達成するまで努力しつづけます。

この時点で既にあってないような気がするんですけど先生。
私努力できない性質なんですが。
まあ、好きなことなら努力するけどさ。

リーダーとして周囲をグングン引っ張ったり、突出した才能によって華々しい活躍をすることは少ないものの、目標に向かって、確実に一歩一歩、階段を上がっていこうとする姿勢は、生涯を通じて強力な武器になります。
また、感情よりも理性を重んじるタイプですから、木星人の行動にはつねに理性による裏づけがあります。そのため、たとえ自分の意にそわない状況であっても、感情に流されて衝動的な行動をとることはまずありませんが、半面、自分の思ったことを相手にうまく伝えられず、まわりの人から誤解されやすいところもあります。
そんな実直でまじめな木星人は、縁の下の力持ち的な存在として一目おかれるなど、周囲の人たちから多大な信頼と尊敬を得ることができるでしょう。
 しかし、石橋をたたいて渡る堅実な性格が、かえって裏目にでることもあります。
自分の行為が正しいと納得してからでないと行動をおこさないため、ときには周囲と足並みそろわず、異性から“カタブツ”と敬遠されたりします。
 しかも、保守的で冒険を好まない性格に加え、情報をいち早くキャッチして自分のものにするのが大の苦手です。信用を積み重ねてやっと手がけることができた仕事を土壇場で他人にさらわれたり、決断を遅らせたためにチャンスを逃したりすることが、ままあります。そればかりでなく、人づき合いがあまり上手でない性格が災いして、その後のフォローがうまくいかずに悩む人も少なくないようです。
 とはいえ、どんなにつらい目にあっても、それをはねのけ、乗り越えていく強い精神力をもっているのが木星人の長所です。初対面で相手に悪い印象をもたれたとしても、じっくり時間をかけて誤解を解いていくでしょうし、要領が悪くて失敗したとしても、地道な努力によって信頼を回復していくことでしょう。
 長年にわたって裏方に徹しながら人を動かす立場に立つと、驚くほど才能を発揮する木星人には、まさに大器晩成という言葉がピッタリです。若いころは、重厚にみえる外見のわりに中身がともなっていないといったギャップで損をすることもありますが、年齢を重ねるにつれて、味のある人物に成長していきます。じつは、俗にいう"影の実力者"といわれる人にいちばん多いのが木星人なのです。

悪いとこばっかりあってますね。
私をなめてんのか。

 六星人のなかでも恋愛下手なのが木星人です。

おい! ちょっと!!!!
やめてよ! ただでさえ男日照(…)なのに!!
いや別に今欲しいわけじゃないんですけど、欲しくなったら困るじゃないの!!

恋愛とは、ときには感情に身をまかせたり、タイミングをうまくとらえたりすることが重要になりますが、ものごとを理性的に考え、計画を立てなければ気のすまない木星人は、感情よりも理性を優先してしまうため、そのタイミングをはずしてしまうことが少なくありません。
木星人は、好意をもっている異性から告白されても、即答することなく、ルックスや家柄、社会的地位や収入など、相手が理想の条件を満たしているかどうすをじっくり検討します。そうして、あれこれ迷った末、交際を決意するころには、自分の気持ちが整理されてしまい、肝心の恋愛感情が冷めてしまったということが往々にしてあるのです。
 また、なかなか煮え切らないあなたの態度に失望し、相手が離れていってしまうケースもしばしば見受けられます。
 交際がスタートしたとしても、こうした恋愛に対する慎重な姿勢が、相手を知らず知らずのうちに傷つけていることがあります。あなたは相手を気遺って、理性的に接しているつもりであっても、相手はそれを"冷たい"と感じたりして、自信を失ってしまうことがあるからです。
これでは、せっかく相性のいい相手に出会ったとしても、恋愛よりもむしろ、はじめからお互いの条件がわかっているお見合いを好む人が多いようです。そして、そのことが、そのまま木星人のセックス観にも大きな影響を及ぼしています。
 木星人は、しつけの厳しい家庭で育てられることが多いため、セックスに関して開放的になりつつある世の風潮に流されることはありません。木星人は、たとえ婚約している相手でも、最後の一線を超えることはできないのです。
 女性の場合、結婚後、貞淑な妻であろうと努力するでしょう。ほかの面では一生懸命尽くすあなただけに、夫はそんなあなたのベッドでの態度に困惑してしまうかもしれません。そして、あなたの愛情を疑うことにもなりかねません。
 理性を保つことも大切ですが、お互いの愛情を高めるためには、ときには自分から積極的に相手を求めるのも大切であることを忘れないでください。

要するにアレか?
寝所じゃつまらん女なわけか私は!! ええ、これ!!!

幸運なもの:ひまわり、トルコ石、ふくろう、時計、刀剣、貴金属、仏壇、骨董品。

ふくろう、時計、刀剣、骨董品はいいけど、なんだ仏壇て。
仏教徒になれってか。

幸運な色:黒、灰色、水色。
タブー色:緑。

持ってる服は10:8くらいで黒なんですよね。水色は…似合わないッ。
でも緑の服多いし!? なんでタブーなの!!

幸運な場所:墓地、博物館、映画館、夜の公園、パチンコ屋、家庭、ペンション。

墓地て、おい。
なんか危ないところが多いような気がするのは私だけかしら。


総合的に、あってるよ! やべーーー、という事態にはなりませんでした。
でも悪いトコは大体あってるのが厭だ。
編集面倒なので無駄に長いがゆるしてください。
[PR]
by shelldoney | 2005-06-19 23:30 | 雑記

フィフス・エレメント

メンテ終了時刻を2時間オーバーしてまだ終わらない。
最近ロキがたがたですね。
しようがないので昔のSSをがさごそやる。

a0019167_16413052.jpg


これが

a0019167_16415222.jpg

a0019167_16421288.jpg


こうなって

a0019167_16422845.jpg


こうなりました。
当たりでもないがまあはずれでもないかな…。
つけろってことか?
I>D極マゾプリですけどね。

あとこんなのもでました。

a0019167_16431950.jpg


とかくでかいレアなんて出ないので、大喜びです。
チープなしあわせをないがしろにしちゃだめよ!!!!!


ところで何ヶ月か前に商人がめでたくBSになりました。
清楚な女がヤンキーに変身!
いやわたしはBSのほうが好きなんですけども。
S>Aのやっぱり極マゾです。
そのとき覚えたCR、その後。

a0019167_16461594.jpg


いや、おい!!
それって血こn…(ry


最近画面サイズを一回り大きくしたら、やたら見やすくなって快適なんですが。
ログハンタペアで時計2に行って、THを借りてみた。

a0019167_17141181.jpg


ハンタは盾も装備できるんですよ!!!!(ただの変人)
そしてカビへの与ダメが+7ハンタボウとあんまり変わらない…。
どうせDEX40+29です。鷹匠じゃないんです、量産なんです。

あと最近篭ってる窓手で。
こんなんでた。

a0019167_1716022.jpg


ええーー。
ソロでちょっと高級なレアとか多分ウェスタン以降初めてなんですけど。
なんてったって、私、憑いてます!(九龍参照)


他にもマイグレ期間をはさんで、
・髪型10回くらい変えて逆毛になってみたり
・スキル再振りでPR10とって、ペノに4kだしてうひゃうひゃしたり
・青箱から林檎だしてみたり
・ADにつれていってもらったり
・そこでマヤ紫に轢かれてみたり
・SD5でファラオと追いかけっこしたり
・パサナcが欲しいのにマルcが出たり
・PD地下3でアモンラーにグリム発射したり
・窓手に行こうとして、中庭で深淵に轢かれたり
・その後カタコンでDLに轢かれたり
・さらにその後窓手マップが表示された瞬間死んでたり

波乱万丈です。


さいごにまったり。

a0019167_16475397.jpg


…なにがあったの? プロンテラ噴水広場。
[PR]
by shelldoney | 2005-06-14 16:51 | RO日記