<< 取り急ぎ キサマの、負けよ。 >>

ガンスミスの野望

夏風邪ひいた\(^o^)/トゥライ


破観にいったりしてました。
そういや結構前にピアノテックEXクリアしたよ!
レベル34~39まで全埋めも達成。
逆転検事もやり終えたし、勉強しますかね…
追記予定。

090719:追記完了



当然のようにネタバレしています。


地元じゃやってなかったのでイクスピアリまで出張。池袋までと所要時間は一緒だった。
平日の午後だったのですが、開演30min前にして混雑しまくり。
公開4日目だったので仕方ないか。とりあえず中段右寄りを確保してホットドッグタイム。
さすがTDLのホットドッグ…○クドナルドとは格が違った。飲み物も意外と多い。
飲むのが遅いとこういうときに苦労する…持っていっても画面集中で放置するので。
仕方ないので予告中にがんばって飲み干す。水っ腹!

──なんの予告をやっていたのかさっぱり覚えていない──

で、上映開始。
今回加持さんはインテリ度が上がったようです。英語喋ってたぞ。山寺頑張った。
北極基地だったかな、ラノベ的というか今や必須だとおもうんですが、宗教的なネーミングセンス。語感のよさもあり、知識欲もくすぐられ、尚且つ元ネタとのダブルミーニング的な使い方が出来るので便利よね。日本人は比喩表現大好きだかんね!
新ヒロインのマリは、まーやが声やってたのだな。彼女の声優としての活動を、ACのエアリス以外で見たことがほとんどなくて、スタッフロール見るまで気付かなかったや。
仮設伍号機は出てきて5分で爆発。このときの使徒デザインは「ぼくらの」の鬼頭莫宏。
変わって第三新東京市。曲は「太陽を盗んだ男」から「YAMASHITA」。超名曲。あとで「太陽を盗んだ男」について調べてみたのですが、なんというwwwwww観たいwwwwww
破の見所はやっぱりバルディエル(参号機)とゼルエルの2箇所でしょう。当然落差を引き立たせてくるだろうと思っていたのですが、予想通り! 日常風景が多いのはよかったなー。クラスメイトとも仲良くやってるようで微笑ましい。料理上手が一層強調されてたように思うがwwwww
序だとサキエル/シャムシエル/ラミエルの3体を撃破したけど、破では5体撃破しています。多いな。1体目は北極基地で仮設伍号機と爆発した奴。バルディエルとゼルエルは後述。で、その2体目がマジかわいい!! 「アスカ、来日」の原画紛失したからガギエル(魚)の代わりに新しく起こしたって話だったんだがマジかわいい!! 水飲み鳥みたい! 足で海凍らせて歩くのかわいい!! 顔サキエルだよーかわいいよー。これは初登場の弐号機が華麗にソロで撃破だったのだけど、アアーやっぱり弐号機かっこいい…って角生えとる!? バカ! ハゲ! なんで男は角にこだわるんだ! あのツルンとした顔と複眼がよかったんじゃないかああ。クソックソッ。でもアスカが可愛いので赦す。
3体目はサハクィエルでした。宇宙から落っこちてくる奴。形状が結構変わってたな。TVだとかなりあっさり終わってしまいましたが、EVA3体のスタダとか圧巻。人型だから当然クラウチングスタートな訳だが…なんかEVAが人間ぽい動作してるとクスッとしてしまうな。なんとなくコミカルだからだろうか。顔は怖いのに…みたいな。サハクィエルは中の人とか出てきたり、シンジの両手ブチ抜いたり、コア移動させたりで大盤振る舞いでした。
四本完結ってことで、部外者は部外者らしく扱うのが筋ってもので…参号機に乗ったのはアスカ。なんでも一国のEVA保有制限なるものがあって、3体までだとか。参号機が来るから弐号機は凍結に。後手に拘束されて沈む弐号機はなんだか妙に人間臭かった。アスカの「私が気に入ったら(参号機を)赤くカラーリングしてよね」って科白はウッときた。みやむー上手くなったなー。
ミサトさんとのTELで死亡フラグガンガンに立てつつ、参号機起動。エントリープラグ内の侵食の様子とかジワジワきます。ダルシム腕は健在だったけど、まさか背中からもう2本生えるとは。
演出についての小話なんですが、グロエグシーンでわざと明るい曲流すって手法はエヴァがはじめてだったんですかね。個人的にやりすぎ狙いすぎ感が否めなかったなあ。効果的だとおもいますけど。引き立つし。今日の日はさようなら。
ダミープラグの仕様がちょっと変更になってました。シンジの後ろから黒い手が出てきてハンドル(?)を固定。あとは好きに殺っちゃって~、という感じに。モニタが切れてるようで、シンジは何が起こってるのか見えてなかったみたい。引っ張り出したエントリープラグは初号機が噛み砕いちゃうのだが、「何をしてるんだ?」→「やめろおおおお!」の流れにちょっと説得力なかったかな。アスカは生きてたようでよかった。
ブチ切れシンジが砂山(本部)を崩しかけたりしながら物語は佳境へ。ゼルエル襲来で、勝手に凍結解除されて出撃していく弐号機。乗ってるのはマリ。関係ないようであるけど、ヒロインズの中でマリが一番胸デカい。これは間違いない。
ゼルエルの無双ぶりは変わらず。弐号機ボコボコ。ここで裏コードなるものが登場するのだが、「ザ・ビースト」って…言葉にすると途端にエターナルフォースブリザード以下になるよそのネーミングは。任意で拘束具を除去して暴走仕様にするコードのようなのだが。プラグ深度が下がってかなり危険みたい。TV版ではプラグ深度についてはあまり触れられず、汚染区域、程度だったとおもうのですが、劇場版ではプラグ深度が下がりすぎるとエヴァ側に取り込まれて「ヒトでなくなる」と云われていました。わかりやすいような却ってわかりづらいような。ヒトの定義も精神汚染の定義も、どちらにせよ小難しい設定です。
零号機の零距離N2爆雷も、TV版では薬筒だけ持ち出した感じだったのが、今回は丸々ミサイル抱えて突貫。「碇君が、エヴァに乗らなくてもいいように、する」ってレイかわいいなあ! ぽかぽか!!
しかしSAIKYOの拒絶タイプは格が違った。ああ、零号機もやられちゃうのかー、と思ってたらそこでまさかのパクン。膝から下だけ残してパクン。シュールすぎて、めっちゃ血飛沫上がってるのに思わず笑ってしまった。しかも女体変化wwwwwww顔だけゼルエルwwwwwwwwwこwwwwれwwwwwうぁwwww
劇場版のNERVは、パターン青がセントラルドグマに進入すると施設もろとも自爆する、という設定になっているのですが。零号機を取り込んだことによってパターン青からオレンジに変更。これによって自爆されることなくリリスまで辿りつけるってぇ寸法よ。さすがSAIKYOU。
発令所に突っ込んでくるゼルエルに対して、横からマリに説得されたシンジの搭乗する初号機がチャージ! 加持さん立つ瀬無い。いやあった。中盤でシンジにちゅーしようとして「アッー!!!」って云わせた。いやほんとに「アッー」って云ってた。緒方恵美すごい。
ジオフロントまで押し返すも電源OFF。ボコボコにされる初号機。今動かなくていつ動くんだよ! 一番の見せ場、「綾波を、返せ!!」シンジさんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
目が赤い! 初号機再起動! プラグ深度マイナス! ヒトでなくなってしまうから戻れというリツコさんと反対、ミサトさんの「行きなさいシンジくん!」コール! わかりやすくアツくなってきた! 誰かのためじゃなくて自分のために、自分の望むもののために、行きなさい!
初号機の緑のラインが赤く変色。もがれた左腕は、今回はS2機関の捕食がないので復元ではなく、ATフィールドで光り輝きながら形成。プラグ深度をさらに下げながらゼルエルのコアから綾波を救い出す! 巨大化してるけど! 「来い!」 カッコイイ!
で、救い出した綾波が初号機と融合して、旧劇場版みたいな翼が生えて、どうやらサードインパクトの時間らしい。「予想通り、あの二人で初号機の覚醒は成ったな」とか余裕の司令と副司令。リツコさんは「ヒトであることを捨てた、神に近い存在」とか云ってる。代価として旧い生命は凡て滅びる…てところでスタッフロール。
いつも思うんですけど、スタッフロール中に席立つ人は、最後になにかサプライズがあったときのことをまったく考えていないとおもうんだ。明かりが再び点くまでが映画です!
当然予告があると思っていたので鎮座。案の定あったのはいいんだけど、オチすらスタッフロール後に持ってきていた。ロンギヌスの槍に貫かれる初号機、神々しく舞い降りる月で建造中だったMark.06(六号機)、と、カヲル君wwwwwwwイイトコドリwwwwwwwwww
序では全裸だったり、破でも半裸だったりと色々問題のある彼ですが、一番の問題は「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」って科白だと思うわ。

──予告──

怒濤の展開のようです。アイパッチアスカ可愛い! 六号機はいいとして、八号機と九号機は誰が乗るんだ? 凍結された初号機から二人はちゃんとサルベージされるんですか?
破ほど緘口令は布かれないのかなー。QuickingのQ、ということでした。
てことは、四部作でも序/破/Q/急になるんですかね?
楽しみです!


おまけ

a0019167_6564334.jpg


ピアノテックEXクリア!
曲紹介されましたが、Axは新人さん、ということで多分onoken確定でしょう。
BMS出身だから名前明かすわけにはいかなかった、程度に考えています。
でも新人ってことはコンマイに入社したのか? 自作期待age!
隠し曲なのに既に着うた配信されててワロタ。


【ビリー・ザ・キッド】
正直調子こきすぎたかなとおもう。云いたいこと多すぎだな。冗長になりすぎ。
[PR]
by shelldoney | 2009-07-12 07:46 | 雑記
<< 取り急ぎ キサマの、負けよ。 >>