<< 血と骨 ザ・フライ >>

オーシャンズ12

突然ですが。
うちのギルドがこんなことになっていました。

a0019167_7484471.jpg


前にレベル上げたときは人員のために拡張を取ったのですが。
次のレベルは8Mだと思っていたので、4Mだと知りかなりびっくりしました。
あとちょっとじゃん! とすればやるっきゃねーべ?

a0019167_7524512.jpg


ニブル大作戦決行。
別Gに居た私のハンタを温哲に突っ込み、50%上納の上でトリオでニブル突貫です。
一番上のSSは上納中の画像なので@200kくらいですが、最初は@600kくらいだったんだ。でもまあすぐだろってことで。ごりごり狩ります。
こんな機会もあまりないので、ついでに職位晒し。
現在温室の哲学者では、寒い職位カルナヴァル開催中です。すごいよね、これ。某鮮血の贖罪さんが満場一致で一番寒いということになっております。
遊び心は大事だよ!!
ともかく。
約2時間くらいかな? 温哲最高レベルのハンタもまじりながら定点で狩り。

a0019167_7584299.jpg


キキキッキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!!!!

そして取るならこれっきゃない!!

a0019167_7592255.jpg


次のレベルまで8Mだとおもっていたあの頃。
温哲で鳴らしたいとおもっていたけど諦めていたあの頃。
さよなら悲しい過去。思い出はうつくしい。
11月、極東と合同でGGやります。レース、してきます。
黄ばみ流すぞコラアアアアアアア。


ハンタのレベルが86になりました。
上記のニブル大作戦もさることながら、アマツ3F行ったりで頑張りすぎました。
84→85も一日で上げたりして、狩りの濃淡激しすぎ。
85→86は例によってニブルペアで上げたのですが。
こんなんでた。

a0019167_842153.jpg


えええええここニブルなんですけど!?
なにこのほのぼのした光景!!
周りの木の視線が痛い!!
自爆寸前で殴り殺しました。

ニブルね、経験値もドロップもおいしいんだけど。
アサシンで行くのに慣れると、経験値はともかく、金銭面ではハンタが格段に劣るのが浮き彫りでびみょす。同じ時間だけこもっても、倍の差が出るとどうしてもな…。
あとスティボットに悠々とスティらせてしまうのがむかつく。
最後はやっぱり押しつぶされて死にました。
ブロチ+集中分のAGI3を犠牲にしてまでも片方ニンクリにし、フル支援でDEX100達成。
ASPD181、AGI133、FLEE246(木琴着用時)の完全ソロ仕様ハンタにも光が見えてきた!
殲滅力がぐっと上がりました。与ダメが軽く100違う。ニブルペアでもコンスタンスに800k/h出るようです。明け方に限るけどね(…)
これで大型弓があればもっと楽になるんだろうなあ。監獄ソロも、無理すれば騎士団も行けるんだろうし…。12Mとかまだまだ手が出ませんが。

時間が余ってしまったので、ノリでピラ地上4Fに行くことに。
30分間、狙うはイシスのSサクレ。垂れ猫に使うんだそうです。
7時ということもあり、人っ子一人居ません。
大したレアもないのでボットも居ない、柵の無いフィールド状マップ、とくれば。
トレインし放題、サンク打ち放題、サンドマン打ち放題、遊び放題!!

a0019167_8142282.jpg


いやほんとばかだな。
画面外にも数匹居ます。限界速度でかけまわり、お互いがお互いに敵を引き連れてきた結果こうなりました。さすがにサンクも間に合わないわwwww
ノリがひどすぎました。逆毛語での会話しかしてなかったし。
レベル上がったばっかりなのにもう10%です。今月中87達成できるかな。


【オーシャンズ12】2004年アメリカ
オーシャンと11人の仲間、が一番古いのかな? 2001年に発表されたオーシャンズ11の続編。クライムアクション…サスペンス…か…?
てかね。
ほんっっっとキャスト豪華すぎ。どうなってんのこれ。
主要だけでもジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシア、マット・デイモン。主要にこれだけ名の知れてる人起用するとか。まあ前作からの引継ぎなんで、スポンサーがありえない金と人脈持ってるんだろうってのはわかりますけど!
しかも今回は、ブルース・ウィリス出てんですよね。ブルース・ウィリス役で(…)
ゲストにヴァンサン・カッセルも出てます。怪盗ナイト・フォックス役で。いやもう、ヴァンサンカン(…)かっこよすぎ。
ほんと豪華すぎだろ…!!
監督のスティーブン・ソダーバーグは、サスペンスを撮るのがうまいなあ。手がけた作品のほとんどがサスペンスだし。エリン・ブロコビッチ(2000)はすごい面白かったし、セックスと嘘とビデオテープ(1989)、イギリスから来た男(1999)、コンフェッション(2002)、インソムニア(2002)は観たい上位に喰い込んでる。インソムニアはあのロビン・ウィリアムズが悪役なんだぞ。観なきゃダメだろ…。
前作もそうだったけど、予想はできたもののとかくどんでん返しが多い。まあこの手の映画の常套ですが。ぼうっと観てるといみわからなくなります。
今回のはいい意味で予想を裏切らないどんでん返しで笑えた。うまくまとめたもんだなあ。ジュリア・ロバーツがジュリア・ロバーツに変装するとか脚本家おもしろすぎwww なるほどすごいリアリティ。
この映画は珍しく、2の方が面白いと思ったな…。1は土台の意味合いが強かったのかもしれない。今度1+2で見返そう。
[PR]
by shelldoney | 2005-10-20 08:44 | RO日記
<< 血と骨 ザ・フライ >>