<< 靴が鳴る 風はいつも >>

もう迷いはない

a0019167_183059.jpg


*おおっと*



ソファに若い男がふんぞり返っている。一目見ただけで魔法使いだとわかる。立てかけた杖も、テーブルに置かれたグリモアも、装飾の多い服装も、それを証明して譲らない。まあ、大抵魔法使いと云ったらこんな格好をしているもんだが。
赤い目が俺を睨んでいる。黙っていても仕方がないので、視線で先を促した。険のあるまなざしは揺るがない。魔法使いが口を開く。
「それで、このスナップ写真を私に紹介しろと。」
「そうだ。」
やや、ばつが悪い。赤い目の険が増す。
「なぜ私が斯様に面倒なことをせねばならんのだ。」
不自然な沈黙。
「……さあな。水端に訊け。」
ははっひとのせいにしちまったさーせーん! おくびにも出さずに目の前の魔法使いの様子を窺うと、奴は心底けだるそうに溜息をひとつくれて赤い目を伏せた。どうやらその気にさせることには成功したらしい。その気、というか、問答が面倒くさくなっただけなのかもしれない。どんな理由でもいい。細い指が机の上に散らばった写真に伸びる。

a0019167_183201.jpg


「なんだこれは。」
「デワタ。ちょい前に航路が開通したんだと。フィールドにラフレシアがいるらしいぜ。」
「あのクソ男は植物を愛でる趣味でもあるのか。」
「さあな。相棒が不思議がるくらいには、俺にもわかんねえよ。」
「ふん。……そういえば、この植物によく似たものを、見たことがあるな。」
「いや待て云うな。」
「スー」
「云うなっつってんだろ!!」

a0019167_1834396.jpg


「趣味が悪い。」
「同感だな。」
「あれだろう。大晦日の夜の大御所。」
「もういいから。」
「小林さ」
「いいって!!」

a0019167_1834658.jpg


「……。」
「……。」
「デワタはこんな輩ばかりなのか?」
「俺に訊くなよ。」
「それで、クソ男は命令してやったのか。」
「ああ。散々見せびらかして、目の前でひとつ喰ってみせた挙句、どうしようかな、きみ次第かなと挑発したらしい。」
「同類ではないか。」
「俺に云うなよ。」
「喰わせてくれとねだるのではなく、命令しろか。自ら狗に成り下がるとはなかなかやりおる。」
「真面目に考察しなくていい。」

a0019167_1834860.jpg


「はは。ざまあみろ。」
「……お前、ほんとにセリオ嫌いなんだな。」

a0019167_184239.jpg


「巨大なオリデオコンだな。」
「そのネタは聞き飽きた。」

a0019167_184435.jpg


「笑えるくらいにスーパーセルがずれている。」
「蝶忘れたことに気付いてやれって。」
「歩いて帰ればよいだろう。そんなこともわからんのか、低脳め。」
「……(こいつ…)。」

a0019167_184821.jpg


「……いつの間にこんなものを撮ったのだ。」
「98か。めでてえな。」
「Danke. レッケンベル生体工学研究所3Fにおける、セシル=ディモンLACrR一確には、もう少々Baseが必要なのでな。最近もっぱらここに通っているが、なかなかうまくはゆかんな。」
「ふーん。」
「前衛との距離、追従進路、立ち位置、リリース/IW/SW使用の判断、ターゲットコントロール、そして何よりも、速さが足りん。」
「なんのだよ。」
「アイテムを拾う速さだ。」
「拾うなよ。」


「これでしまいか。」
最後の写真を机の上に放り、魔法使いがソファに沈み込む。
「ああ。悪かったな。助かった。」
散らばった写真をぞんざいにかき集めて尻ポケットに突っ込む。用が済んだらさっさと撤収するに限る。変に感づかれてはまずい。
「……? なんだこれは。」
「あん?」

a0019167_184182.jpg


「……。」
さっさと撤収するに限る。
「待て。」
足が動かない。これが魔法ってもんかと悠長に考えている場合でもない。ぎこちなく振り向いて、努めて無害そうな笑顔を貼り付けてはみたが。
写真を見下ろしていた赤い目が俺に向けられる。内側の魔力を撥ねててらてらと光っている。女めいてうつくしい顔が、
「負けたのだな。クロバジェ。」
薄く笑ったのを、俺は確かに見た。

■vs水端:「30minでより多くサンゴを集めたほうの勝ち」


【Hacking to the Gate!!】
シュタゲ面白すぎてやばい。あと2話残ってるのに追いついちゃったよおおお。
[PR]
by shelldoney | 2011-09-04 20:20 | RO日記
<< 靴が鳴る 風はいつも >>